スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイケヤを食べて応援!

先日のライオンロックこと、台風10号。
太平洋上をうろうろとしていたので、ご長寿台風などと取り囃されたりもしたが、後で解析したら日数が2日間も短くなって、「ご長寿台風」ではなくなりましたとさ。

とはいえ、1951年(昭和26年)に気象庁が統計を取り始めて以来、初めて東北地方の太平洋側に上陸した台風だったとのこと。

しかしそんなことよりも、ポテチ系が好きな者にとっては大問題が起こっていた。
台風10号の所為で、
カルビーは「ア・ラ・ポテト」の延期を余儀なくされ、山芳製菓の「わさビーフ」などは3割減産。
そしてコイケヤは、再開の見通しが立たず!

特にコイケヤのポテトチップスは国産100%なので、非常に残念である。

ただ、コイケヤは関東工場や京都工場があるので、品切れにはならない模様。
(何故、埼玉工場や関西工場じゃない???)
とはいえ、品薄になる可能性は大。
うむ、食べて応援するぞ!
スポンサーサイト

アメリカで食用油に含まれるトランス脂肪酸を全廃することに決定

かねてより肥満や心臓病との関連があり、トランス脂肪酸の危険性が指摘されていた。
そのトランス脂肪酸を、肥満増加で悩むアメリカが2018年6月までに全廃することを決定した。

トランス脂肪酸といわれても、あまりなじみの無い方もおられることだろう。
平たく言えばマーガリンやショートニングに多く含まれている物質のことだ。それだけでなく、ケーキやクッキー、そしてクリームなどにも使われている。またパンに塗るスプレッドなどにも含まれている。
つまりその手の食品に入っている油脂のことだ。

ビジネスジャーナルの記事によると、
トランス脂肪酸は、心筋梗塞や狭心症のリスクを増加させ、肥満を発症させやすく、アレルギー疾患を増加させ、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性があること、母乳を通じた乳児へのトランス脂肪酸の移行が研究等で確認されている。

とのこと。

WHO(世界保健機関)も03年に、心臓血管系の健康増進のため、食事からのトランス脂肪酸の摂取を極めて低く抑えるべきだと言うほどである。
これを受けて、規制に乗り出した国が増えている。

だが日本はまだ放置状態。┐(´д`)┌ヤレヤレ
しかしこの「アメリカで全廃」と言うニュースは、この日本にとっても、大きな影響を与えることだろう。
なんとか重い厚生労働省の尻を叩いて、適切な規制を作って欲しいものである。


◆トランス脂肪酸、18年に全廃 米当局「安全でない」
詳しくは 産経ニュース
◆心筋梗塞、流産…危険なトランス脂肪酸、なぜ日本で野放し?パン、菓子、揚げ物…
詳しくは ビジネスジャーナル
◆食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量
詳しくは 農林水産省

遺伝子組み換え(GMO)作物への耐性を持つ害虫が現れた

案の定と言うか…
米国の一部の畑で、作物を食い荒らす害虫のアワヨトウが遺伝子組み換え(GMO)作物への耐性を強めていることが確認された。

おそらくモンサントなどは、この耐性を強めた害虫に対抗出来得る遺伝子を組み換えした植物を作り出すのだろう。
いや、もう作ってあるかもしれない。

そして追いかけっことなり、やがてペニシリン耐性ブドウ球菌のように、やがてこの害虫も進化しそうだな。
じょうじじょうじ…


◆遺伝子組み換え作物に耐性持つ害虫、米南東部で確認
詳しくは ロイター

だから中国の食品は危ないと…

人々は、以前の中国製の食品に、色々と望ましくないものが入っていた数々の事件を、何故、忘れるのだろうか?

今、大きなニュースになっている幾つかの大手チェーン店で、期限切れの肉が使われていた事件。
以前から中国での食品問題を知っている者からすれば「何を今更」としか思えない。

マンホールから集めた地溝油、人糞を煮て取り出したサラダ油、更には腐敗した動物の肉や内臓、皮からも油が作られていたり…
何しろこのブログで取り上げたニュースだけでも、これくらいさっと思い浮かぶ。

そしてそれらが平然と街で売られ、あるいは工場に卸されている国なんですよ。
人間用の食品ですらこうなのだから、ペットの大量死で問題になったペット用のジャーキーなんて、一体、何の肉を使ってどんな風に扱われているかなんて、全く想像も付かない。

だからこそ中国人の富裕層は、自国の食べ物を口にせず、使用せず、わざわざ日本から取り寄せているのだから。

それでも「安全性よりも、安さは正義」な人々がいるから、こんな状況が続くのだろうな。
まあ、そう言った人達が全て目覚めてしまったら、品物が高騰したり、品不足を招いたりしてしまうのだが(笑)

フード左翼とは?

フード左翼と言う単語をご存知だろうか?
これは現代の食品産業のあり方に反発する人を「フード左翼」と、ライターである速水健朗氏が命名したそうだ。

簡単に言ってしまえば、現体制… つまり今の早い・安い・疑わしい安全性と言った側面を持つ食に対して反旗を翻し、より自然で健康的な食生活を送ろうと言う人のことらしい。

しかし、
個人的には、何がなんでもナチュラル思考信者やオーガニック信者と、同じカテゴリーにしか見えない。
むしろわざわざ「左翼」と名付けている時点で┐(´д`)┌ヤレヤレ

尚、世の中では健健康食マニアによる摂食障害のことをオルトレキシアと、既に名付けられていることも付け加えておく。


◆夫がフード左翼に目覚めた妻の悲鳴「食費が倍に…」
詳しくは Yahoo!ニュース

このライターが執筆したフード左翼・フード右翼についての書籍もあるので、あわせて紹介しておく。

プロフィール

ぱろりん

Author:ぱろりん
Tシャツのデザインとかしています。ネットで買えます。
お勧め順は、TシャツトリニティClubTUPSOLDかな?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。